当団体について

設立目的

関西実業団陸上競技連盟(以下、関西連盟)は、関西地区において、企業・団体における陸上競技の振興と相互の交流をはかるとともに、国際的な競技会で活躍できる競技者の育成・強化を通じて、わが国の陸上競技界の発展に寄与することを目的としています。

関西連盟は、目的達成のため次の事業を行います。

1.主宰大会の開催

2.競技者の育成・強化ならびに指導者の養成に関わる一切の事項

3.実業団陸上競技の振興ならびに陸上競技の普及浸透に関わる一切の事項

ごあいさつ

 

2017kaichou

関西実業団連盟陸上競技連盟
会長 仮屋 雄司

 関西実業団陸上競技連盟WEBサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。

今年度4月より、会長会社をNTT西日本が務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

関西連盟は、2020年に東京オリンピック・パラリンピックにおいて、昨年のリオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレーの感動の再現、さらには、当連盟から一人でも多くの日本代表選手を輩出し、皆様がより一層陸上競技に興味を持っていただけるよう、競技力強化、実業団陸上競技の振興ならびに陸上競技の普及浸透に全力で取り組んでまいります。

今年度の取り組みとして、関西のみならず実業団の垣根を越えた強化の充実と盛り上げ策の展開に向け、実業団最高峰の大会であります、全日本実業団対抗陸上競選手権大会を昨年に引き続き、地元大阪(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)で開催する予定です。昨年は、予想を上回る、2万8千人もの皆様に観戦していただき、大盛況に終わりました。2年目の今年は、実業団が一致団結して、昨年以上の成果が上げられるよう取り組んでまいります。

また、11月開催の関西実業団対抗駅伝競走大会は、60回の節目を迎えます。
今年はICTを活用した選手の映像や位置情報発信等様々な盛り上げ施策を展開する予定です。この大会は、元旦に行われます全日本実業団対抗駅伝競走大会(=ニューイヤー駅伝)の予選も兼ねており、来年は上位4チームが出場します。ニューイヤー駅伝で好成績を残し、関西連盟の出場枠がさらに増やせるよう競技力強化に取り組んでまいります。

最後に、関西実業団陸上競技連盟の益々の発展のため、連盟事業に全力で取り組んでまいりますので、これまで以上のご支援・ご協力をお願いいたします。

関西実業団陸上競技連盟 事務局

〒540−8511 大阪市中央区馬場町3−15 NTT西日本ビル1F
℡06-6949-8880/FAX06-6949-8859
mail info@kansairenmei.com

▲このページの先頭に戻る